第367回「好きになった人とは上手くいかずに、年齢だけが重なって行く不安が抑えきれなくなったら」

上手くいかない片思い上手くいかない片思い, 30代独身の不安, 自分だけが独身, 自分だけが恋愛が上手くいかない, 片思い失恋の連続, 連続失恋



頑張れば頑張るほど恋愛が空回りしているようで哀しい。

30代になってから、日に日に恋愛から縁が遠ざかっているようで焦りと不安のみが増幅している。


自分が好きになった人だけいつも恋愛がうまくいかない。



私もそうでしたが、自分なりに最善を尽くしているのにもかかわらず、一向に手応えを感じられない恋愛はつらいですよね。

あるいは手応えがあったものの、ある時から素っ気なくなってしまって、気持ちをつなぎとめるかのようにアプローチを繰り返していてもそっぽを向かれている関係性も相当しんどいでしょう。


自分でも何が悪いのか分からず、歳を重ねる度に恋愛のチャンスを失ってしまうような焦りを抱えると、そもそも恋愛を楽しむという余裕を見失ってしまい、日常生活にも支障が生じるほど精神的に疲弊してしまうことも珍しくはありません。


なぜ、どうして、こんなにも努力をしているのに、上手くいかないのか。


その答えを期待してこのコラムをご覧になっていらっしゃる方が多いと思いますので、その一助になればと思い体験談をまとめました。


私が知人からの紹介で、30歳の女性と合コンの場で恋愛トークを交わしていた時のことです。

その女性は、運命のパートナーと巡り会えないことを悩んでいるようでした。

高校と大学は女子校だったこともあり、身近で男性との縁が少なかったようですが、当時は恋愛に対して興味が薄かったのもあり、独り身であることもなんら気にしていなかったようです。

アルバイト先で知り合った男性から求愛されたことが何度かあったようですが、迫られると窮屈になって恋愛からは避けてきたようです。

社会人となり、日々仕事に忙殺されながら気がつけば30代になって落ち着いた時にふと周囲を見渡してみたそうです。

友人・知人は結婚したり、家庭を持つなどして、初めて、

「このままだと一生独身かも」


という沸き上がる焦りと不安が芽生えたようです。

それから街コンに数回参加して、出逢いの場を模索したようでしたが、デートにはこぎつけられたものの、その先に進展することがないので、男心が分からないとぼやいていました。


見た目は新垣結衣さんのように笑顔が素敵で教養もあり、傍から見れば恋人がいるのが当然に見えましたが、当事者は恋愛に縁がないことを真剣に悩んでいることを知りました。


こうして心の内を話してもらえたことから連絡先を交換して、すぐにデートの約束にこぎつけることができました。

当時、私は他に好きな片思い中の女性がいましたが、その彼女に対しても好意はありましたし、もしかしたら付き合える仲になれるかもしれないという期待もありました。


食事も含めて5回二人で会いましたが、私の中で「付き合いたい」という気持ちが芽生える事はありませんでした。

会えば会うほど片思い中の女性の良さが浮き彫りになっていたからです。

「だったら会うなよ」とツッコみたくなった方もいらっしゃるかもしれませんが、当時の自分はその女性とは恋愛の関係を期待しているのではなくて、気軽にざっくばらんに会話を楽しめるような間柄になれれば良いという思いがありました。

私も恋愛が上手くいかない相談をしていたので、女性の観点から気づきを与えてもらえる貴重な存在だと思っていました。

そんな関係に終止符が打たれたのは、5回目の出来事でした。


仕事帰りに待ち合わせてして食事を交わしていた中で、彼女が私にこう述べたのです。

「私が知り合う男性はいつも私に何を求めているのか分からない。私は恋愛をする気があるから会っているのに、相手からはそういう意思は全く感じられない。だったら最初から会ってほしくない。」


彼女は30歳になってから婚活をしても上手くいかない事情を振り返ってそう述べていたのですが、この言葉を聴いた私はもうこれ以上彼女と会ってはいけないと判断しました。

彼女が私に対して恋愛を意識していたかは定かではありませんが、彼女は気軽に話ができる男女の仲を探しているのではなくて、恋愛関係を第一に求めている本気度が伝わったからです。


お互いのニーズが異なるのならば、会うべきではない。
それから私は彼女と距離を置くようになりました。

私は彼女と出逢った当初は恋愛対象になるかもしれないという期待を抱いてはいました。

しかし、私には他に好きな女性がいたというのもありますが、その理由を除外したとしても、相手が真剣に恋愛相手を求めていることが伝わってきてからは、プレッシャーを感じてしまったのです。

私はまだ恋愛をする気にはなれずに、結婚も将来的には希望しているものの、そもそも付き合うという段階に至るまでの気持ちの覚悟がついていない。

そんなタイミングと心境だったので、彼女が真剣であればあるほど重圧を感じてしまったのです。


この経験から学んだのは、気になる相手との関係がうやうやであって、現状打開したい時は、彼女のようにはっきりと相手に自分が望んでいる形を伝えるのも一手だと感じました。


一方で、相手が自分のことを恋愛対象として見ておらず、それでも自分は諦められずに長丁場でも向き合って行きたい気持ちが勝っていたとしたら、そのような言葉をかけるのはハイリスクだと言えます。

「その想いは重いから、距離を置こう」と受け取られてしまう可能性が高いということです。

相手の本性を知るために劇薬になるという考え方もありますが、一度そう感じられてしまうと、本気の想いが届かずに、頑張れば頑張るほど空回してしまうことになります。

前述した女性が大学時代、恋愛に頓着していない時にモテていたというのも共通の法則かもしれません。

恋愛に執着すればするほど縁が離れて行くというのが立場の違いから浮き彫りになりました。


最後に、インターネット上のOKWAVEで目にした29歳の独身女性が恋愛の縁をつかめないことに疲れ果てながら相談されているスレッドを取り上げました。

最初に寄せられたある回答文を見ると、恋愛が上手くいかない時に大切な視点として共感できたので紹介させてもらいもらいます。


相談主は間もなく30歳になる女性で、3年連続して失恋を経験しているそうです。

直近では好意を持った男性を思い切って食事に誘ったのですが、メールを無視されたそうです。


相手が多忙なことは知っていますが、私に全く興味がないのだと悲観的になったそうです。

職場で気になる男性には既に彼女がいるし、合コンで出逢った人とは、数回の食事止まり。
その中でも、本気になった男性が一人して、勇気を出して告白をされたそうですが、「結婚はできない」と振られ、お見合いでは、「現状が楽しそうだから」と誰にも相手にされず、出逢いを求めているものの失恋の連続のようです。

30歳になることで、このように努力しても何も変化はないし、ずっと独りかも・・・と考えてしまうようです。

周囲の友人は、きちんと結婚して、とても羨ましいと本音を漏らされていました。

どうしたらパートナーができるかということで投稿されました。

最後に、


努力しても、失恋ばかりで、悲しくなり、疲れました。
 
と書いてあったことから端的に心境が伝わってきました。



この悩みに対して最初に寄せられた回答が下記の通りです。


彼との失恋の後の貴方って。
何処か全体的に忙しない印象があるんだと思う。
落ち着き無く動き続けてしまった。
貪欲に次を求められるポジティブさは大事だけど。
その行動に「心」が伴っていないんだね?
伴っているのは早く「結果」が欲しい、「安心」が欲しい。
その部分が協調された動き方。
それを常に全面に出し過ぎてしまう事で。
貴方自身の空回りが起こっているんだと思う。
今の貴方自身に。
お互いをゆっくりと受け止め合いながら、伝え合いながら。
丁寧にコミュニケーションを積み重ねていくだけの
心の「ゆとり」がある?
出会いは動けばそれなりにあるよ。
でも今の貴方の直面している問題って。
出会いがあっても「活かし難い」貴方がいる、という現実なんじゃない?
どうしても結果が欲しいから。
付き合っているという関係が欲しいから。
貴方は急いでしまうんだよね?
気持ちは直ぐにゴールしたくなってしまう。
そうなると私は好意を持ったから。
直ぐに付き合いをお願いしますとか、進展をお願いしますとか。
本当に内側からそう感じて、相手との「双方向」の繋がりの中で
動いていける貴方ではなくて。
結局貴方ペースで動いてしまって、
貴方一人のペースでの限界にぶつかって。
そこで玉砕している状態が続いているんだよね?
焦っているから小さな恋の炎に一気に薪をくべようとしてしまうのか?
貴方自身が惚れやすい人なのか?
好きになったら即急ぎたくなってしまう性分なのか?
まだ前の恋を引きずって、早くそれ以上の恋で埋めたい気持ちが
急かせているのか?
それは貴方自身が一番分かっている所だと思うけど。
相手と創り上げていく関係だよ?
貴方一人の思惑だけでは上手くいかない。
貴方にとっても、相手にとっても心地の良い人間関係。
そしてコミュニケーション。
その「双方向」の積み重ねの中で。
二人だからこそ導き出せる「特別さ」を掴んでいけるんだよね?
もうすぐ30という響きが貴方を焦らせているんだと思う。
30代以降の人生の青写真が、
今の貴方に必要以上の背伸びを求めているのかもしれない。
貴方に必要なのは「中身」への意識。
貴方が今懸命にバタついているのは「結果」でしょ?
パートナーが「出来る」か?とか、
どうしたら「付き合える」か?とか。
形に急ぐと中身が疎かになる。
心が伴わなくなる。
折角出会いの幅を広げているなら。
その新しい出会いを柔軟に「楽しむ」事から始める。
そんな悠長な事は~と貴方は言うかもしれないけど。
いきなりがちがちの条件付の、特別な関係になるならないを前提に
向き合える関係なんて殆ど無いんだよ。
最初は少しずつ。
お互いをゆっくりと知っていく事から始まるんだよね。
いきなり恋からはスタートできない。
恋をしたいなら。
恋が出来る位「中身」のある関係を大切にしてみる。
丁寧に相手を感じていくゆとり。
丁寧に自分を伝えていくゆとり。
その関係が恋愛関係に浮上するかしないかを
最初から決め付けない。
結果そうなればそれはそれで嬉しいけど。
あくまで相手と創る関係なんだと。
「二人」の感覚が大事なんだと。
そういう「当たり前」の目線に戻ってきて。
もう少し全体的に力みや気負いを外して。
貴方自身を伝えていったら?
気持ちの前向きさが、貴方の容姿に対する印象心象を底上げしている
変化は既に見られているんだから。
後は丁寧に中身を伴わせていけば良いだけ。
もう30ではなくて、
「まだ」30だよ。
年齢は数字。
大切なのは「中身」。
節目が近いからこそ。
落ち着きを持って日々と向き合っていける貴方自身も大切にね☆

3年連続して、失恋してますより


この方のその後については調べようがありませんが、一番最後のお礼コメントに、

これ以上、惨めな思いはしたくないので、失恋して私が変化した点やこの経験を次回にどう活かしていくかを落ち着いて考えていきたいです。

と書かれていたことからも、幸せを築くための学びがあったようです。

もともと真面目な女性という印象が強く、掲示板でアドバイザーとしても75件も回答されているので、きっと心の痛みが分かり、人の役に立つことで経験を昇華されているのだと思いました。


焦れば焦るほど上手くいかなくなる恋愛ですが、今回のコラムがみなさんの「今」に少しでも役に立てば幸いです。

関連書籍

Posted by TAKA