第361回「諦めたらそこで恋愛開始ですよになる理由とは」

上手くいかない恋愛関係


「何かを得るためには何かを捨て(失わ)なければいけない」

という言葉がありますが、こと恋愛に置き換えると一筋縄ではいかなくなるものですよね。

もう少し頑張れば振り向いてくれるかもしれないという片思いや復活愛だけではなくて、ここで縁を手放したらこの先新しい恋愛をつかむことは二度とできないかもしれないという焦りと不安から、ずるずると現状維持を続けてしまうものです。

けれども、今の状態をキープし続けても、一向に二人の関係性に希望の兆しが見えてくる気配がない。
頭では「このままではいけない」と分かっていても、失うことを恐れるあまり、更にもがいて行動を起こすほど関係がこじれていく悪循環を痛感してはいないでしょうか。

そういう状態の時は、「諦めなければ叶う」という思いと「諦めたら楽になれる」という相反する思いが交錯して苦しくなっているのですよね。

私のもとにも、諦めたいのに諦められない辛さに打ちひしがれている方の声がこだましています。

諦めることのメリットよりも、諦めないことで得られるものの方が大きいと脳が判断しているからこそ、みすみすチャンスを逃すような選択は進めなくなっているのかもしれません。


でも、「諦めたらそこで試合終了ですよ」という某コミックの名言がありますが、恋愛に関しては、「諦めたらそこで恋愛開始ですよ」という現象が多く生じます。

「そんなはずがない。周りで恋愛が成就している人間を見渡しても、すべからく諦めなかったからこそ上手くいっているのだから」と反論したくなる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、「付き合っている」とか「結婚している」という状態だけに注目すればそのように感じるのも至極当然でしょう。

しかしながら、そのような関係性を構築している彼や彼女達こそ、まさに今の関係を得るために捨てたものや犠牲にしてきたものがあったはずです。

人知れず流した涙や失った物や時間は、表面的には測り知れないものです。


では、諦めた瞬間に恋愛が始まるとはどういうことなのか具体例を挙げます。

私の知人の27歳の女性は、社会人になってから全くと言って恋愛に縁がなかったようですし、「自分の性格からしても結婚には向かないと思う」と達観するほど恋愛は諦めていました。

しかし、その発言の半年後にスピード入籍を果たしました。

一体どうやったらそのような劇的な展開が起きるのか尋ねてみたところ、お相手とは恋愛目的の出逢いの場ではなくて、転職先で知り合った先輩から好意を抱かれて告白されたことが発端でした。

「ま、人柄もよさそうだし付き合ってみるか」というノリでスタートしたら、彼女もその気になってあっという間にゴールインしたようです。

今では毎日旦那のために料理を作るのを楽しみにしています。

彼女は元々自分には女性としての魅力がないと悟っていたようですが、だからと言って自分の人生や運命を悲観してはいませんでした。
実際、彼女のことを好いていた年下の男性も複数いたくらいです(みな高嶺の花だと諦めていたようです)。

彼女は目の前の生活(転職先)に没頭していたからこそ、彼女の良さがお相手の目に留まったのだと感じました。

これは最近私の周りに起きた一例ですが、稀有なエピソードではなくて、これまでずっと恋愛に苦しんでいたものの「諦めたら苦しみから解放された」という相談者さまの実体験を何度も耳にしてきました。

話を聴いていて気づかされたのは、諦める=相手への執着を手放す(消化させる)という選択であるということです。

どういうカラクリか解明しようとすると、スピリチュアルの考えにたどり着きましたが、執着から離れると、潜在意識が動き出し、初めて心がフラット(平穏)になるからこそ、願いが叶うという仕組みのようです。

確かに、「諦めたくない!」と意固地になって一人の異性に執着している間は、その執念が相手にも敏感に響いてしまい、ますます離れるようになるという体験は、私自身も何度も経験しているのでイメージしやすかったです。

「諦めたらそこで試合終了にはならなくて、事態が好転するかもしれない」と信じられるようになれれば、新しい一歩を踏み出せています。

時間はかかるかもしれませんが、あなたさまが執着を捨てても、「人生はやり直せる!」と少しずつ気持ちが切り替わるようになれるように、私はこれからも今回のような内容のコラムやカウンセリングでヒントを発信し続けてまいります。

参照サイト

諦めたら叶った恋のカラクリとは?

ガールズちゃんねる「諦めかけた時、叶ったことありますか?」