管理人プロフィール

rounded_corners

名前:TAKA氏(たかし)
年齢:33歳
性別:男性
住所:関東在住

資格:心理相談員・精神保健福祉士(高校教員免許(国語)・宅建士・漢検準1級等、他30以上の資格取得)
職歴:相談業務(子育て相談・新生児〜高校生までの教育指導)
学歴:四年制大学文学部国文学科卒・四年制大学文学部教育学専修修了(科目等履修)
四年制大学通信教育部福祉経営学部医療福祉マネジメント学科卒・医療福祉専門学校精神保健福祉士短期養成コース修了・大学院教育学研究科修了(科目等履修)

恋愛経験キーワード:報われない片思い、告白して断ったけれども逆告白された、復縁(振られた相手側から)、片思いで数回告白、恋人がいる異性を好きになった、紹介されて交際、ネットで知り合って交際、職場の同僚と交際、学校の同級生と交際、片思い失恋、振られて失恋、交際相手を振ったけれども忘れられない、複数の異性を同時期に好きになる、片思い連続失恋、街コン、合コン、ナンパ、出会い系、失恋から鬱傾向になった、恋人がいる異性に告白、年上と交際、年下と交際、長年恋人がいなかった時期がある、一目惚れ

※ 更に詳しい生い立ちはページ中部にございます。

恋愛や人間関係が上手く行かず、明日を見失っている方々と共に、
13年間伴走しております。 主サイトはこちら

この間総数5000名ほどの相談者様と出逢いました。

男心が分からずに、意中の彼とどう向き合ったら良いのか混乱している方、
一方通行の片思いや失恋から抜けきれずに、暗中模索をしている方、
現状打開を図るために転職や資格取得を視野に入れている方が中心です。

不安な気持ちを聴いて欲しい時、
自分の気持ちを客観視してもらいたい時、
どうしようもない孤独感にさいなまれている時、

TAKA氏を頼ってみませんか?

明日を一緒に創りましょう。

 

実績

2010年8月~
2011年4月
マイナビ(COBSトレンドサプリ)にてコラムを100回分公開する
2011年5月~
2012年8月
マイナビニュースQ&Aにて、専属エキスパートとして活動する
2013年3月 生通話相談・カウンセリングサービスを本格スタートする
2013年6月
2012年12月~
自殺予防対策研修「ゲートキーパースキルワークショップ」
自殺危機初期介入スキルワークショップを修了する
2015年 現在 東京、名古屋、埼玉にて、定期的にオフ会・相談援助活動を行う
2016年 厚生労働省大臣が定める(労働安全衛生法第52条の10第1項第3号)ストレスチェック実施者養成研修を修了する
2004年6月~
2017年
メール、相談室、生通話、オフ会、対話カウンセリング、マイナビQ&Aエキスパートにおいて、約5000名の相談者様と向き合う

関連資格

社会福祉士 厚生労働省 国家資格
精神保健福祉士 厚生労働省 国家資格
心理相談員 厚生労働省所管 中央労働災害防止協会
メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種・Ⅲ種 大阪商工会議所
ほめ達検定2級 一般社団法人 日本ほめる達人協会
コミュニケーション能力準1級 一般財団法人 日本教育推進財団
秘書検定準1級 公益財団法人 実務技能検定協会

 

 小学校~中学時代

0歳から18歳までを地元の群馬で過ごしました。

私には、絵を描くことと、物語を作ること、漢字以外に、得意と誇れる物はありませんでした。

いつも他人と比較しては、出来ない自分、頭が悪い自分に悩み続けてきました。

常に劣等感の塊を抱えて、心の奥底では震えながら平然を装って生きていました。

中学校時代までは、友達ができても嫌になっては離れる、そしてまた新しい友達を作っては離れるという関係を続けてきました。

コミュニケーション下手で、良好な人間関係を構築するのが苦手でした。
と言うよりは、自分に合った人との距離感が分からなかったのです。

成績はいつも学年で平均くらいで、外見は、生まれつき目の上に大きなコブがありました。
周囲にバレないように、ゲゲゲの鬼太郎のような長髪で隠しながら、ビクビクしながら生きてきました。

学力面、容姿面ともにコンプレックスに支配されていて、やり場のない孤独感に震えていました。

 高校時代

転機が訪れたのは、高校入学後です。

当時の自分のレベルに見合った偏差値50の共学高校に進学しました。

2年次になって、文系コースに進んでからというものの、今も付き合いがある良き友人に恵まれました。

異性にモテるために、猛勉強をするようになって、成績は常に4位以内に位置するようになりました。

この時代の成功体験は、私のその後に繋がっています。

勉強で結果が出たことから、恋愛も積極的に求めるようになり、出会い系で100人以上とやり取りをしたり、クラスメイトに片思いを繰り返したり、度重なる失敗を重ねながらも、青春を満喫していました。

 大学時代

高校生活の中間・期末テストの努力の甲斐あって内申点が良かったので、都内の中堅大学に、推薦入試で合格しました。

そして、期待に胸を膨らませた大学生活は、私にとっては、忘れられない暗黒時代でした。

入部したテニスサークルでは、体育会系のノリについていけず、性格の良い仲間達に巡り合えたものの、1年でドロップアウトしました。

そこで、一人の親友と出逢うものの、近すぎたがゆえに息苦しさを覚えて、見放してしまいました。

まるで中学時代までの友人関係の再来です。この経験を後々まで引きずるようになります。

恋愛も絶不調で、気になった女子に相手にされずに、無視をされたり、かわされることの連続でした。
片思いの末に3回告白した相手にも振り向いてもらえずに、数々の失恋を繰り返しました。

敗れ続けた失恋や裏切った親友への罪悪感は拭いきれずに、弱冠二十歳にして人生に絶望していました。

そんな暗中模索を続けていた私でしたが、2004年の大学3年次に転機が訪れます。

過去の昇華を目的として、主サイトに相談室を設け、コラムの執筆も開始しました。

資格勉強に本格的に着手し始めたもこの頃からです。

挑戦の原点は、小学校時代の小さな成功体験でもあった漢字の試験である漢検2級受検からでした。

初めて本気で取り組んだ結果、一発合格を果たしましたが、現実はそう簡単に変わることはなく、大学生活への理想と現実のギャップは逆転できずに、虚無感を抱えたまま大学を卒業します。

 二度目の大学時代からその後

そこで学生生活を終わりにしたくなかった自分は、卒業後に、他大学に進学しました。

二回目の大学生活のやり直しは、私にとって高校時代以来の二度目の転機となりました。

新天地では、失われていた大学生活4年間を取り戻そうと、必死になって居場所を探しました。

挫折と失敗と恥の連続の末に得たかけがえのない仲間と経験が今日の礎になっています。

気が付けば出逢いを求めて大学は3校、大学院は1校、専門学校は1校もの学校で学びを重ねてきました。

自分の人生を再構築するために取得した資格の数は延30を超えます。

10年以上に渡る活動の背景には、このように紆余曲折したTAKA氏の生き様が反映されています。

以上、恋愛も、人生も、不器用がゆえに、思うように進んでこれなかった自分は、この経験を活かすために、カウンセリング・相談援助活動に力を入れています。

ここまで長文をご覧いただき、それだけでも感謝の気持ちでいっぱいです。

失敗や後悔が多くて、孤独と向き合ってきた私だからこそ、同じ目線で寄り添えるように努めます。

どれだけ失敗を繰り返しても、上手く行かなくても、人生はやり直せます。

TAKA氏と一緒に明日を創りませんか。